【黄金比率】世界の美顔男子ランキングトップ10

2020年世界で最もハンサムな顔の持ち主は?

イギリスのデイリー・メールが発表したランキング。

算出方法は古代ギリシャ時代から伝わる黄金比率と最新のコンピューター技術を使って測定。

黄金比率による著名人ベスト10を挙げました。

結果は以下の通り。 パーセンテージは黄金比率度

1位 ロバート・パティンソン(92.15%)
2位 ヘンリー・カヴィル(91.64%)
3位 ブラッドリー・クーパー(91.08%)
4位 ブラッド・ピット(90.51%)
5位 ジョージ・クルーニー(89.91%)
6位 ヒュー・ジャックマン(89.64%)
7位 デヴィッド・ベッカム(88.96%)
8位 イドリス・エルバ(88.01%)
9位 カニエ・ウエスト(87.94%)
10位 ライアン・ゴズリング(87.48%)

この計算に携わったロンドンの美容整形外科医ジュリアン氏曰く、見事一位に輝いたロバート・パティンソン(92.15%)の顔で最も黄金比率に近かった部分は顎の95.1%で、目の位置・鼻の幅、長さは94%だったということです。

※黄金比率というのは古代から存在する、人間が最も美しいと感じる比率のことです。建造物や絵画、PCやスマホも黄金比率で作られています。ピラミッド・モナリザ・サグラダ・ファミリア大聖堂などなど。

1位のロバート・パティンソンってどんなひと?

ハリーポッターシリーズの優等生セドリック、クィディッチではシーカーを務めた。トワライトシリーズでは主人公の恋人役ヴァンパイア、エドワードを、そして2021年公開予定のバットマンでは主役のブルース・ウェイン、バットマンを演じる。

【無料あり】:おすすめの映画配信サービス3社を比較してみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました