【カメラ初心者卒業へ!】Aモードで露出補正のやり方が分かれば完璧!

スポンサーリンク

この記事では、一眼カメラのAモードで明るさを調整する方法(露出補正)をご紹介します!

カメラ初心者必見!一眼レフのAモードがわかればめっちゃ楽しい!】の続き記事となっています!

前回触れた内容では、Aモードの設定方法と仕組みを解説しました。今回はAモードにおける写真の明るさ変更(露出補正)の仕方を解説します!

露出補正を知っているだけで簡単に明るさをコントロールできるので、思い通りの撮影イメージに近づけることができ、ここがわかればAモードマスターといっても過言ではありませんので是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

Aモードのおさらい

まず前回のおさらいですが、レンズのボケ具合だけ自分で決めてシャッタースピードはカメラが自動で決めてくれるモードがAモード(絞り優先モード)です!

Aモードにする

カメラがシャッタースピードを自動で決める

ISOでシャッタースピードをコントロールする

ここまでが前回説明したAモードの流れですね!
今回は間に2つの項目を追加して露出補正を解説していきます!

追加する項目は次の通りです

Aモードにする

カメラが自動でシャッタースピードを自動で決まる

試し撮りで明るさを確認

明るさを調整する

ISOでシャッタースピードをコントロールする

赤文字が今回追加した部分です。

ここからはぜひ手元にカメラを用意してご覧ください!
前回記事はこちら↓

【目指せカメラ初心者卒業!】Aモードから始めるカメラの設定方法を解説!
一眼で写真撮ってるんだけど、まだまだ初心者で設定とかよくわからないからいまだに風景モードとかポートレートモードで撮影してる。そろそろカメラのオートモードから卒業したいな!でも、どこからどうやって設定したらいい...

好みの明るさに調整する

カメラ用語では明るさ調整のことを”露出補正”といいます。

まず、前回の記事を参考にF値を決めたら試し撮りで写真の明るさを確認しましょう!
この試し撮りの結果を見ながら写真の明るさを調整していくわけですね。

試し撮りが終わったら、さっそく露出補正(明るさの調整)です!

前回の記事と今回の記事を両方理解できたらAモードは完全に理解できていると言っていいです!

Aモードは将来的にマニュアル撮影へスムーズに移行することができるモードなので、がんばって使いこなせるようになりましょう!

露出補正のやり方

カメラによって設定方法はまちまちですが、例としてニコンエントリークラス一眼レフで説明します!

イラストのようにプラスマイナスマークを押しながら、ダイヤルをいじるとプラス・マイナスに数字を変更できます。この数字によって明るくしたり暗くしたりできます!

※ちなみにマニュアル撮影(Mモード)になると露出補正をいくらいじっても明るさは変わらないので注意です!

手持ちのカメラで操作方法は変わりますが、ググるなどして実際に試してみてくださいね!

露出補正するとシャッタースピードの数字が変わる?

実際に露出補正の数字を変えてみるとどうなりましたか?

SS(シャッタースピード)の数字が変わっていませんか?
明るさが変わる仕組みを説明すると、露出補正を調整するとシャッタースピードが影響を受けます。

写真はシャッタースピードが遅ければ明るくなるし、速ければ暗くなります。

・絞りF5.6
・シャッタースピード1/500
・ISO感度200
例えば上記の状態で露出補正の数字を変えると、シャッタースピードが露出補正で設定した数字に合わせて変わるので、写真の明るさに影響するということです!

 

それでは改めて流れを再確認してみましょう!

Aモードにする

カメラが自動でシャッタースピードを自動で決まる

試し撮りで明るさを確認

明るさを調整する(露出補正)

ISOでシャッタースピードをコントロールする

暗いと感じたら露出補正でプラス側に補正すればいいのですが、そうするとシャッタースピードが遅くなるので、注意です!

遅くなったシャッタースピードを速くする方法はF値(絞り)を小さい値にするか、ISO感度を上げるかの二択しかありません!

レンズごとにF値の限界は決まっているので、F値がどうにもならない場合はISO感度を上げて手ブレ・被写体ブレしないシャッタースピードに調整しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はAモードでの明るさ変更方法(露出補正の方法)をご紹介しました!

Aモードが理解でき実践できれば【背景のボケ具合、写真の明るさ、写真のブレ具合】という3つの超重要項目自分で設定したことになります!

そして、Aモードを使い続ければ露出補正のめんどくささや、シャッタースピードが自動で変わることの不都合さが出てくるかもしれません!

その時がマニュアル撮影に移行するチャンスでもあり成長の証だと思います!マニュアル撮影に驚くほどすんなり移行できるはずですよ!

自分なりの撮影イメージを是非Aモードから磨き上げてみてください!

カメラ
スポンサーリンク
ぱたをフォローする
ぱたBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました