【JPEG撮って出し!】富士フィルムカメラで映画風の写真を撮る至極の設定集!

スポンサーリンク

みなさんは普段映画を見ていて「この色味の写真が撮れたらいいなぁ」なんて思うことはないでしょうか? なんとか再現しようとしてホワイトバランスや色を設定して撮影してもなんか違う・・・

あとからレタッチして表現しようとしてもいまいちうまくいかない!あの独特な色を気軽に表現できたら写真撮影がもっと楽しくなるはず!

それを可能にする富士フィルムのミラーレスカメラは、全機種に搭載されているフィルムシミュレーション機能で”趣のある写真”を撮ることができるのが魅力!

↓例えばこんな写真!

そこで今回は、JPEG撮って出しで上記のような映画っぽい写真が撮れる設定を、X weeklyさんの情報を参考にいくつか紹介したいと思います!

今までフィルムシミュレーション機能をそのままの設定で使っていた人や、富士フィルムのカメラに前から興味があった人はきっと参考になるはずなので是非ご覧ください!

この記事の内容

  • 富士フィルムのフィルムシミュレーションとは?
  • 映画風!人気フィルムシミュレーションレシピ!
スポンサーリンク

富士フィルムのフィルムシミュレーションとは?

  • PROVIA
  • Velvia
  • ASTIA
  • クラシッククローム
  • PRO Neg.Hi
  • PRO Neg.Std
  • クラシックネガ
  • ETERNA
  • ETERNA ブリーチバイパス
  • ノスタルジックネガ
  • ACROS

上記のように富士フィルムのカメラには様々なフィルムプリセットが搭載されていて、デジタルで再現されたフィルムの色味を、シーンに応じて撮影を楽しむことができるようになっています!

※機種によって使用できるフィルムが異なります。

撮影意図に合わせてフィルムを替えながら撮影する醍醐味を味わえるのは富士フィルムならでは! そのフィルム情報を元にシャドーやハイライト、色の濃さなどをさらに細かく調整できるので、クラシカルで印象的なオリジナルの写真を撮影できるのが富士フィルムカメラの最大の魅力です!

それでは、海外でも人気のフィルムシミュレーションのカスタムレシピを紹介します!

気にいるものがあればカメラ内にプリセット登録して、いつでもワンタッチで使えるようにしてみましょう!

映画風!人気フィルムシミュレーションレシピ!

それでは作例とともに、カスタムレシピを紹介していきます!

例X100F:設定画面はこちらから入りフィルムシミュレーションを設定したら各項目を設定していきましょう。

そして、各項目の設定ができたらすぐにカスタム登録をするのがおすすめです!シーンごとにワンタッチで切り替えができるようになるので、気分に応じて様々な作品に挑戦することができるようになります!

カスタムの設定はセットアップメニューから「操作ボタン・ダイヤル設定」に入り、

自分の覚えやすいボタンにカスタム選択プリセットを登録しておくと、撮影中に登録したフィルムモードすぐに呼び出すことができます!

それではフィルムのカスタマイズ設定を紹介していきます!

①:色褪せても思い出の蘇るセピア調ヴィンテージフィルムの決定版!

以下作例

設定可能カメラ

  • X100V
  • X-pro3
  • X-T4
  • X-S10
  • X-E4
  • X-T30 II

良い意味で古く色褪せたシネマライクな写真を撮影することができる、オールドでクラシカルなフィルム設定です!

ヴィンテージ調の写りが目を引くこちらの設定は、7000ケルビンのホワイトバランスにR +3B-7をシフトすることで、古さを醸し出すセピア色が自然に盛り込まれています!また、彩度やシャープネスを下げ、粒子の大きいノイズを加えることでマットな仕上がりを表現。色の濃い被写体でも対応できる柔軟さはストリートスナップにも最適です。

気になる設定はこちら!

設定項目【エテルナ ブリーチバイパス】
グレイン・エフェクト 強/大
カラークローム・エフェクト
カラークローム ブルー
ホワイトバランス K7000/R+3・B-7
ダイナミックレンジ DR200
Dレンジ優先 OFF
トーンカーブ(ハイライト/シャドー) 0/+2.5
カラー -2
シャープネス -4
高感度ノイズ低減 -4
明瞭度 -5

好みによってシャドーが明るいと感じる場合があるかもしれません。その場合はシャドーを.5ポイント刻みで調整してみましょう。

また、この設定の醍醐味であるビンテージ感を出すためのポイントはホワイトバランスシフトB-7なので、もし色味を多少変更する場合はRから調整をかけていくのがおすすめです!

②:柔らかクリーミーな質感は、なんだか観たことのある統一感を生み出す!

以下作例

設定可能カメラ

  • X100V
  • X-pro3
  • X-T4
  • X-S10
  • X-E4
  • X-T30 II

クリーミーな色味が特徴で、かつ淡い色合いでありながら太陽光によるコントラストをうまく取り込んだフィルム設定です!

柔らかでクリーミーな色合いを表現するために、彩度は高く明瞭度は極限まで下げられています。また、白飛び黒潰れを抑えたトーンカーブの設定により、太陽の位置が高く天気の良いサマーシーズンには最高の写真が生み出されます!

気になる設定はこちら!

設定項目【クラシッククローム】
グレイン・エフェクト OFF
カラークローム・エフェクト
カラークローム ブルー OFF
ホワイトバランス K7050/R-4・B-2
ダイナミックレンジ DR400
Dレンジ優先 OFF
トーンカーブ(ハイライト/シャドー) -2/-2
カラー +4
シャープネス 0
高感度ノイズ低減 -4
明瞭度 -5

ホワイトバランスは7050に設定されていますが、天候具合で下げるのもあり。下げすぎないように留意しつつ、特徴的な淡い黄色みはキープしましょう!レッドとブルーの項目も好みに応じて1ポイント動かしてもいいと思います。

構図に入る”色”を生かすため、なるべく無駄を排したフレーミングで鑑賞者により淡い印象を与えましょう!

③:暖かさに包まれたその記憶を辿ると、あの頃の思い出が蘇る!

以下作例

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rafał(@fotografia.naturalnie)がシェアした投稿

設定可能カメラ

  • X100V
  • X-pro3
  • X-T4
  • X-S10
  • X-E4
  • X-T30 II

”人の記憶”にフォーカスした、温かみがあるコントラストの暖色が特徴的なフィルム設定です!

ポイントはホワイトバランスの蛍光灯1を使用しているところ。シャドーは上げてカラークロームは弱めに設定。その上で彩度を高めているので、画角全体が自然な暖色で覆われた表現が可能になっています!

気になる設定はこちら!

設定項目【クラシッククローム】
グレイン・エフェクト 弱/小
カラークローム・エフェクト
カラークローム ブルー
ホワイトバランス 蛍光灯1/R+2・B-5
ダイナミックレンジ DR400
Dレンジ優先 OFF
トーンカーブ(ハイライト/シャドー) 0/+2
カラー +3
シャープネス -3
高感度ノイズ低減 -4
明瞭度 -4

レンズや仕上がりの好みによって、シャープネスの項目は自由度があっていいかもしれません。この暖色をどんなイメージで表現したいかでピント面の解像度を調整してみましょう!

明瞭度の項目がない機種で表現する場合は、ハイライト-1にシャドウ+1の調整を行なってみましょう。もしくはFujiやAdobeソフトのレタッチで明瞭度の項目だけ加工するのもありです。

④:尖った色味の中に溢れるノスタルジーがたまらない!

以下作例

設定可能カメラ

  • X100V
  • X-pro3
  • X-T4
  • X-S10
  • X-E4
  • X-T30 II

強烈なグリーンが印象的な”尖った写真”を撮影することができる、かなりクセのある色味のフィルム設定です!

明瞭度シャープともに弱いですが、ブロックノイズが強くハイライトと彩度の設定が強い調整のため、柔らかでありながら印象に強く残る絵作りができます!

気になる設定はこちら!

設定項目【クラシックネガ】
グレイン・エフェクト 強/大
カラークローム・エフェクト
カラークローム ブルー
ホワイトバランス AUTO/R-3・B-9
ダイナミックレンジ DR400
Dレンジ優先 OFF
トーンカーブ(ハイライト/シャドー) +3/0
カラー +4
シャープネス -4
高感度ノイズ低減 -4
明瞭度 -4

この設定はなんと言ってもグリーンがかなり際立っているので、すこし緩和したい場合はホワイトバランスの赤の項目(Red)を0に近づけて調整してみてください。

また、室内撮影など高感度が必要な撮影の場合は粒子が余計に感じる場合があります!その場合はグレイン・エフェクトの項目を弱めてみましょう。

⑤:ネオンや雨に濡れた路地ではシアンが特に美しい!

以下作例

 

この投稿をInstagramで見る

 

intRONvert(@rnbndctphyg09)がシェアした投稿

設定可能カメラ

  • X-T4
  • X-S10
  • X-E4
  • X-T30 II

独特な古さを感じるシアンの色味が印象的なフィルム設定で、色が写真に与える影響を特に感じることができるものになっています!

80~90年代の時代を感じさせるような回顧感溢れるその色味は、人工灯に照らされた路地や雨に濡れた路地など、暗いシーンでの撮影で雰囲気のある写真を撮ることができます。

ノイズは量が多いながらも砂のように粒が小さく、マットな仕上がりになることが特徴。また、シャドーが適度に暗く程よいコントラストなので、柔らかでありながら絶妙に芯のある仕上がりになっています。

気になる設定はこちら!

設定項目【エテルナ ブリーチバイパス】
グレイン・エフェクト 強/小
カラークローム・エフェクト
カラークローム ブルー
ホワイトバランス AUTO雰囲気優先/R-7・B-6
ダイナミックレンジ DR400
Dレンジ優先 OFF
トーンカーブ(ハイライト/シャドー) +1/-2
カラー +4
シャープネス 0
高感度ノイズ低減 -4
明瞭度 -3

人工灯や雨天での撮影に適した設定として紹介しましたが、日中でももちろん使用することができます!その場合はホワイトバランスのRedを-6、Blueを-5にして撮影すると自然に馴染むはず。

カメラにEternaのブリーチバイパスverが搭載されていないモデルの場合は、カラーを2にしてハイライト/シャドーを0から微調整してみましょう。

⑥:荒廃した中で輝く”カラー写真”にはストーリーを感じずにはいられない!

以下作例

設定可能カメラ

  • X-T4
  • X-S10
  • X-E4
  • X-T30 II

撮影者が意図して切り取った部分を、鑑賞者の視線を自然に誘導することができるフィルムライクな設定です!

富士の誇るフィルムシミュレーション、エテルナ ブリーチバイパスの持つ特徴的な低彩度を細かくコントロールし、高コントラストかつ彩度を最大まで高めた設定でありながらも色が潰れないのは富士フィルム独自のカラークロームのおかげ。他にはない色表現でありながら、午後のデイタイムには自然に馴染む写真を撮影することができます。

気になる設定はこちら!

設定項目【エテルナ ブリーチバイパス】
グレイン・エフェクト 強/小
カラークローム・エフェクト
カラークローム ブルー
ホワイトバランス AUTO雰囲気優先/R+1・B-7
ダイナミックレンジ DR200
Dレンジ優先 OFF
トーンカーブ(ハイライト/シャドー) +1/+2.5
カラー -2
シャープネス -1
高感度ノイズ低減 -4
明瞭度 +4

風景と絡めて日中に撮影する用途に適していますが、自然光差し込む室内での撮影でも印象的な撮影ができます! コントラス及び明瞭度が強いので、使用するレンズの解像度によってはピント面がしつこく感じてしまう場合があります。

その場合は明瞭度とシャープネスの項目を調整し、不自然な印象にならないよう設定してみましょう!

まとめ

ここまで特徴の異なる6つのフィルム設定を紹介してきました!

気になる色味は見つかったでしょうか? 記事内でも触れているように、富士フィルムの中でも設定できる項目が機種によって違うので、カメラによってはどうしても調整できない部分が出てきます。

今回紹介したものは、フィルムシミュレーション「エテルナ ブリーチバイパス」「クラシックネガ」の入った機種を中心に紹介しているので、これが入っていないと表現するのが難しいです。

というわけで、上記2つのモードが入っているのは下記の9機種。

機種名 ノスタルジックネガ
X-T4
X-S10
X-E4
X-T30 II
×
X-H2S
X-H2
GFX100
GFX100S
GFX50SII

また、今回は使用していませんが、X-T4、X-S10、X-E4、X-T30 II以外の5機種には、ハイライトに柔らかなアンバーが載る70年代の色表現が独特な「ノスタルジックネガ」を新搭載しています。

とはいえ、ノスタルジックネガの搭載機種は高額なため、今回のようにフィルム設定をカスタマイズして楽しむにはX-T4、X-S10、X-E4、X-T30 IIの4機種がコスパ抜群!

そこで気になるのはこの4機種の違いですね!

これから購入検討・買い替えを考えている人は、下記の記事で詳しく解説しているので気になる方は是非!

【答え出ます!】富士フィルムの人気ミラーレス4機種を比較したら〇〇が圧倒的におすすめでした!
本記事では、クラシックな色調で写真を撮影できる富士フィルムの人気ミラーレスカメラ「4機種」を比較します! 今回比較する機種は下記の4機種です! X-T4 X-S10 X-E4 X-T30 II ...

本記事では映画風に撮影できる富士フィルムのカスタムプリセットについて紹介しました!

今回の記事が参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました