【MDR-HW700DS】9.1chサラウンドの凄さ

スポンサーリンク

ソニー9.1chサラウンドヘッドホンMDR-HW700DSについて機能をまとめてみました。

機能や特徴をメインにまとめていますので購入検討の方はサラウンドシステム選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ソニー9.1chサラウンドヘッドホンMDR-HW700DSとは?

世界初の9.1ch 3D VPT(Virtualphones Technology)を搭載している擬似サラウンドヘッドホンです。

ソニー独自の技術で、映画の基本音声5.1chに背後と高さの音表現4chを追加。

両耳から臨場感あふれるサラウンドを再現してくれます。

ソニー公式の音響体験ページはこちら。※(PCのみ対応?)イヤホンでお試しください。

バッテリーはフル充電で12時間。

バッテリーはPCからUSB充電が可能。

スマホなどのACアダプターを使えばコンセントからも充電可能です。

約3時間のフル充電で約12時間、約30分だけでも充電すれば約2時間の再生が可能です。

SONY MDR-HW700DSの価格は?Amazonで2万円前後。

Amazonでの価格はだいたい3万5千円前後です。

有名企業の正規品、9.1chという唯一無二の高性能ということでみると間違いなく安い部類かなと。

サラウンドヘッドホンを初めて導入してみるという方も、買い替えの方もかなりお勧めです。

重さは約320gで付属品はACアダプター、光デジタル接続ケーブル(1.5m)、充電用のマイクロUSBケーブル(1.5m)です。

テレビやプレーヤー、ゲーム機も簡単に接続。

ARC対応テレビとHDMI接続することで簡単に使用できます。

付属の光ケーブルは不要になるのでHDMIケーブル運用で間違い無いです。

HDMIケーブルは別売りなので高速対応モデルのケーブルを導入しましょう。

HORICのケーブルは本当にコスパ最高のケーブルです。

3つのエフェクトを搭載。

・シネマモード

映画鑑賞に適したモードで、ソニーピクチャーズエンターテイメント監修の本物の音質です。

・ゲームモード
サラウンドのゲームを臨場感抜群に表現するモード。ソニー社のサウンドデザイナーが監修。

・ボイスモード
2chステレオ音源で人の声を聞き取りやすくするモード。

ヘッドホン増設、本体にリモコン機能搭載。

最大4台までの増設に対応しています。

別売の専用ワイヤレスヘッドホン(MDR-HW700)を4台まで増設することが可能です。

複数の人で同時に楽しむのはもちろん、充電予備といった使い方もできます。

無線リモコン機能。

ハウジングの操作部についているボタンからプロセッサーの電源、サラウンド操作、テレビにメニュー画面を表示して各種の設定ができます。

無線信号なので、間に壁やドアなどがあってもストレスなく簡単に操作できます。

まとめ

・9.1chのサラウンドシステム。

・ヘッドホンに切り替えボタンを搭載。

・安心・安定のソニー製品。

・HDMIケーブルだけで接続が簡単。

いかがだったでしょうか?

今回は「ソニー9.1chサラウンドヘッドホンMDR-HW700DS」

について機能や特徴をまとめてみました。

サラウンドヘッドホン初心者の方や、買い替えを検討されている方は9.1chのサラウンドはかなり魅力だと思っています。

本記事がサラウンドヘッドホン選びの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました